FC2ブログ

水琴窟(すいきんくつ)

久しぶりのブログです。今日はお客様に聞かれた水琴窟について書こうと思います。

日本庭園の装飾の一つで水滴により琴のような音を発生する仕掛けである。
構造としては底に小さな穴の開いた瓶が逆さに伏せた状態で土中に埋められており、底は水が溜まるように粘土などで固められている。上には一般的に手水鉢(ちょうずばち)が置かれておりそこから流れ落ちる水が瓶の穴を通して滴り落ちるようになっている。その時の音が瓶の中で反響し琴の音のような音となる。伝統的な水琴窟は茶室前の蹲踞(つくばい)に併設されることが多い。(ウィキペディア参照)

恥ずかしながら解らなかったので、インターネットに頼って知識をつけたような感じです。
日本の家「和」についても勉強が必要と感じる一日でした。

コメント

非公開コメント

大賢工務店

大賢ブログへようこそ
進行中の施工状況・建築に関する話・まったく関係ない話まで
ホームページだけでは伝わらない大賢工務店の気持ちをお伝えします
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ



Instagram

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索